今こそ知っておきたい!キャンピングカーをレンタルするときの基本的な豆知識

このサイトでは、今話題のキャンピングカーについてご紹介をしていきます。
昨今はアウトドアを楽しまれる方が増加をしており、オートキャンプも高い人気となりました。
実際に購入をするのは難しい場合は、レンタルをして乗ることも可能です。
これから利用をしたいけど、どこで借りられるのか・費用はどれくらいいるのかわからないこともたくさんあります。
それらをピックアップしていくので、実際に利用をする際の手引きにしていただければ幸いです。

今こそ知っておきたい!キャンピングカーをレンタルするときの基本的な豆知識

キャンピングカーをレンタルする際の豆知識で覚えておきたいことは、キャンピングカーのレンタル時はまず最初に排気量によって必要な費用が変わるということです。
通常の乗用車の場合は区分はされていませんが、トラックと同じ扱いとなるキャンピングカーには3つの区分がなされています。
そして必要な免許も2分類からは中型免許を所有していないといけません。
レンタル時でおすすめの排気量は500ccの軽自動車タイプになります。

キャンピングカーをレンタルできる日数は?

キャンピングカーをレンタルすることができれば、各自の好きなタイミングに活用することが可能です。
購入するよりも圧倒的に少ない費用で車両を使用することができますから、たまに使用するだけであればとても便利なサービスになると考えられます。
実際にサービスを利用する場合はキャンピングカーをレンタルする日数を決めないといけませんが、どの程度の期間で利用できるのか最初に知っておきたいかもしれないです。
基本的にはサービスを提供しているところによって違いがありますが、大抵の場合は数週間から数ヶ月などの長期的な使用にも対応していることが多いと考えられます。
夏休みなどの長期的な休暇を有効活用するためにキャンピングカーを利用するようなことも多いので、そのような場面で安心して利用できるように数週間程度の利用が可能になっていることが多いです。
年単位になることは基本的にはありませんから、一般的には数日から数週間程度の日数でレンタルすることになると考えられます。

キャンピングカーをレンタルするときの平均的な相場は?

キャンピングカーは荷物を大量に運ぶことができますし、移動するだけでなく車内で必要最低限の生活を送ることができる特徴があります。
そのため少ないコストで長距離の旅行をしたいような場合に利用されることが多いので、実際に購入している人も少なくないです。
ただキャンピングカーを購入する場合は数千万円程度の価格設定になっているようなことも多いので、一般的なサラリーマンなどでは買うのが難しいかもしれません。
レンタルをすることでお得な料金でキャンピングカーを運転することができますから、誰でも活用できるチャンスはあります。
実際にレンタルをする場合はどの程度の費用相場になっているのか気になるかもしれませんが、大抵の場合は利用時間やオプションなどで料金が変動するような特徴があるはずです。
短い時間だけ利用するような場合は数千円程度で利用できるかもしれませんが、数日程度の利用になると数万円程度の費用相場になると考えておけば問題ありません。

キャンピングカーをレンタルしたらガソリンを満タンにして返却するべき?

キャンプのニーズが高まり、同じようにキャンピングカーの需要も高まっています。
実際にキャンピングカーを保有することが出来なくても、今はレンタルという方法でキャンピングカーを体験することが出来るのです。
その際、気になるのはガソリンのことでしょう。
キャンピングカーも基本的にレンタカーと同じシステムを採用していますから、返却時にはガソリンを満タンにした上で返す必要があります。
通常の車とは異なるので、あらかじめスタッフの方に給油口と開け方を聞いておくと良いでしょう。
ただし、車の種類によっては半分の状態で返却を求められることもあります。
これは、車の形状の関係から給油口からオイルがもれやすく、満タンになりにくいという問題があるためです。
レンタルした車によっては、半分の量で返却を求められる可能性があることを知っておきましょう。
車の形状は特殊ですが、給油そのものは通常のスタンドで行うことが出来ます。
慣れた方であればセルフでも問題ありません。

キャンピングカーをレンタルするときに必要となる免許は?

キャンピングカーは、キャンプなどのアウトドアに活躍する車です。
レンタルするという人もいますが、そこで気になるのがキャンピングカーをレンタルするときに必要な免許は何かという点です。
一言でキャンピングカーと言ってもさまざまな種類があって、その種類によって必要なものは違ってきます。
夫婦二人や小さい子供がいるときに向いているのが、普通車をカスタムしたバンコンです。
あくまで普通車をカスタムしたものですので、普通にレンタルすることができます。
トラックやマイクロバスは、居住館が広く設備も整っているため人数が多いときに向いている種類です。
ただし、トラックの大きさやマイクロバスをカスタマイズした種類のものだと、中型または大型免許を持っていなければ運転できないため中が必要となります。
運転できる条件はキャンピングカーの種類で大きく変わってくるため、自分達はどんな種類をレンタルしたいか、どんな条件が必要なのかを考慮した上で借りることが大切です。

キャンピングカーに関する情報サイト
キャンピングカーを知ろう

このサイトでは、今話題のキャンピングカーについてご紹介をしていきます。昨今はアウトドアを楽しまれる方が増加をしており、オートキャンプも高い人気となりました。実際に購入をするのは難しい場合は、レンタルをして乗ることも可能です。これから利用をしたいけど、どこで借りられるのか・費用はどれくらいいるのかわからないこともたくさんあります。それらをピックアップしていくので、実際に利用をする際の手引きにしていただければ幸いです。

Search